読者からの感想文/Sachika Official WEB Site



ouen.gif

DSCF0684.JPG

DSCF1069.JPG


LinkIconNEXT
↑クリックしてください↑

IMG_9800.JPG



zokuzokuto.gif



(沙也加:18歳)読んでいる最中から涙が溢れ出して、今も止まんないよ。心に詰まって
いた思いや、チクチク痛む何かがスーって消えていったよ。ハーティが風と一緒に吹き飛
ばしてくれたんかいなね。これは、沙真の心が優しくて、綺麗で澄んでいるから書ける作
品やと思う。地球上でこの本を書ける人は沙真しかいない!って確信できるよ。    


(美沙:イラスレター)透き通った恋ゴコロ、素敵なお話ですね!読んだあとも爽やかに
心に残りました。今年はどんどん自然に皆の目が向く年だと思うので、そういう点でも、
沙真さんの本が広まるといいですね。                                                                    


(60歳男性)最初は私の愛読書、西村京太郎とジャンルが異なりどうかと思いましたが読
み始めたら一気に読んでしまいました。もともと涙腺がゆるいのですが涙が出ました。ま
だ、私にも純真な心が残っているのかな〜。                                                        


(晶子:18歳)ほんと良かった!話にズンズン吸い込まれていった。途中まじジーンって
きたし。これはもう一人でも多くの人に読んでほしい。祐とかれいに沢山大事なこと教わ
るもん!!P199の「そう。僕は君と出会うまで………僕にくれたんだ」のとことか好     
き〜。あと塾の先生も一気に読んでしまった、本当にいい本やったって言ってた〜。     


(写真家:男性)僕もよーく読ませていただきました。あのね、感動しました!意外かも
しれませんが泣きました。言いたいことはいっぱいあるのでこれ以上書けません。ただ沙
真さんは明らかに世の中の役に立つひとでした。                                                      


(周子:18歳)一気に読み終わり、純粋に感動した!自然の大切さとかストレートに伝わ
ってきたよ。うち的に恋のキューピット的なハーティが好き。この本は大人から子ども
、おばあちゃん、おじいちゃん、いろーんな人に読んでほしい。純粋に人を愛する事、
親に感謝する気持ち、自然を大切にすることを忘れずにいこうと思う!何かあったら何回
もまたこの本を読みかえすね。                                                                              


(七夕の里おごおり:前小郡市長)とても素敵なほんだったよ。一気に読んでしまったけ
ど、段々読み進むうちに、私もいつの間にか祐君やれいちゃんと一緒に居る様な気持ちに
なってすっかりその本の中にとけこんでいきましたよ。このれいちゃんや祐君の様に木や
風や自然など色々なものに心優しい人々がもっともっと多くなると、きっと素晴らしい世
の中になるよね。七夕神社のことなど書かれていて、とても嬉しくおもいました。         


(裕太:18歳)読んでいくうちに話の中に吸い込まれ、夢中で夜中の3時半まで読んでま
した!自然の大切さも教えてもらったのです。                                                      


(芸術系大学教授:58歳男性)「 私は一本の木に恋をした」というタイトルがいいです
ね。とても爽やかな感じがするし、いろいろなことを連想させてくれる。装丁も爽やかで
、穏やかに降ってくる雪がいい雰囲気をかもし出しています。本文中のキーワードの 
「初雪」のイメージがよくでていますね。物語がとても新鮮で、いくつもの物語が数珠の
ようにつながっていく 展開は沙真さんの想像力の豊かさを感じました。        


(華奈子:18歳)一言でゆーと『WONDWRFUL』やった。木だったり、人だったり、
記憶がなかったり、いろんな祐にこの後どうなるとかいな〜って思わされたよ!後うち
もハーティみたいな友達がほしい!!次の活躍も楽しみにしています。       
(典生:大学生)ほんと感動しました。自然とのからみを恋愛として擬人化されて、自
然の大切さを恋愛に比喩として表現してたように感じました。描写も細かく驚きだし、
これから楽しみです。二作目も楽しい作品になるように頑張ってください。     


(渉:18歳)とても感動した!祐の真実にはビックリやったね!!         


(満子:18歳)家の周りは結構山に囲まれとるに近い場所にあるけど木の声とか風の声
とかに耳を澄ましたりした事なかった。森とか山とか風はあって当たり前って思いよっ
た。けど、この本を読んで風が吹きよるのとか木が揺れよるのにはちゃんと意味がある
んだって思うようになった。人間はもっと自然を大切にせないかんね!       


(西南大学:教師希望20歳)小説は2週間前くらいに読んだのですが、いまだに内容を
はっきりと覚えているくらい印象深い小説でした。昔なつかしいピュアな気持ちを思い
出させて、読んだ後とても新鮮な気持ちになるました。とてもおもしろく読ませていた
だき、ありがとうございました!!これからも頑張ってください。         
(亮介:大学生)僕も主人公の女の子の様に自然を感じ、対話する事ができたらな…と
思いながら読ませていただきました。沙真さん自身がとても自然を愛しているのがヒシ
ヒシと伝わってきて、何か忘れかけていたものを気づかされた様な衝撃をうけました。
誰もが心の中にもつ『謎の森』。自分はイラストを書く仕事をしています。僕自身も自
分の森を絵という形で表現したい!と、この小説を読んで強く思いました。     


(千書:16歳)れいと祐がとても純粋な性格で、読んでいて幸せや元気が全身にしみわ
たるような、とてもあたたかいストーリーだと思いました。心が癒されました。後、「
皆の顔は眉間にしわがより、数学の授業が終わった時のように疲れていた」という所は、
私も数学の授業の後は疲れているので共感しました。               


(絢香:18歳)めっちゃ良かった〜!!わくわくするって感じかな。温かさとか切なさと
かめっちゃ感じれた!あとがきのとこもよかった〜!               


(愛理:14歳)難しく書かれていなく、本の台詞に博多弁が混ざっているのがおもしろく
、本を読むのが嫌いな私でもスラスラ読めました。タイトルから恋愛の物語と思っていま
したが、環境問題にも訴えているし、木や風の言葉を感じることができるなどファンタジ
ーな部分もあって、とてもドキドキさせられました。私も自然を感じられることができた
ら…なんて思いながら読ませていただきました。                 


(真奈美:14歳)正直、私は活字の本が苦手です。だけど、いざ買って読んでみると、続
きが気になって仕方なく、ご飯を食べる時間、お風呂に入る時間、寝る時までもソワソワ
していました。この時初めて「本を読むのをやめたくない!」っと感じました。読み終え
た今も愛読してます!私は今までにどんなに楽しい、おもしろいと感じても何ヶ月か経過
しないと読み返す事はありませんでした。でもこの作品は読み終えた瞬間「読み返そう」
と思いました。この本に出会って活字に対するマイナスイメージがなくなりました。本当
に感謝しています。ありがとうございます。                    


(男性:20代)作家が女子高生とは思えないほどの予想のつかないストーリーと構成力に
驚きました。それに加え、女子高生らしい友達どうしのやりとりゃ心情も読み取ることが
でき、読んでいるともっと先を知りたくなるような小説でした。そしてもう一つ、本の中
では少しずつ自然が破壊されていく、木が何のために生まれてくるのか分からなくなって
いる。気づいたときにはもう遅い。と書かれていました。他の小説ではあまり経験できな
い、環境問題についても同時に考えさせられる恋愛小説だと思います。この本は多くの人
たちに読んでもらいたいと自分も願いたくなる内容だと感じました。これからも頑張って
下さい。心から応援しています。                         


(女性:40代)10代が主人公の小説を読むのは久しぶりだったけど人を好きになる気持ち
とか自然の力が素直に描かれていてよかった。昔好きな人にだした手紙の事思い出した。
そういう時って相手の事ばかりって感じがするけど、意外と自然の美しさとか普遍的な感
情を身近に感じますよね!そういう気持ちを感じました。              


(福岡市長)“ 初恋の相手が木 ”というユニークな発想でした。長ずるに従って人間は自
然を感じにくくなるものですが、自分の少年時代とも重ね合わせて興味深く読みました。
今の感情を感性を大切に頑張って下さい。                     


(男性:会社経営)会社を始めて25年になりますが、今回の小説を知って本屋に直行し
たのは初めてです。どうしてか分かりませんが、本のタイトルに惹かれたのか、18歳の
若さの中で小説をどう書き上げたのか興味に駆られたのかもしれません。読み上げた私に
とってそれは心が爽やかになり青春時代の大きな幸せに似たものをプレゼントされた思い
がします。さっそく社スタッフ全員に買ってプレゼントしました。会社の感性学や環境学
を磨くヒントになるようです。                          


(女性:18歳)読みやすくて本当に面白かった〜!最高の作品です!書いているのが同
学年ってことが、こんなに気持ちがよく分かるなんてすごいなと思った。文にはいろんな
意味が込められていて、深いなぁと思った。『木に恋をする』なんてありえないと思って
いたけど、本当にそんなことが起きたらいいのにと思った。沙真ちゃん天才!     


(自営業男性:20歳)優れていたように思う。次の展開が気になって一気に読んだ。面白
く、そして感動を受けた。女性の恋愛観を学んだ。環境問題についても考えさせられた。
次なる作品が楽しみです。                            


(生活雑貨ファッション会社社長)とっても、とっても、さわやか、さわやか、でうれし
い、うれしい、読後感の日々でした。島の運動通してのご家族と島の方々との出会いで生
まれた作品ですね。すさんでいる今の時代に一服の清涼剤でした。どうか、もっともっと
爽やかさを、この世に送って下さい。                       


(摩耶子:18歳)「私は一本の木に恋をした」っていう題名から惹かれました。読み始め
ると、本に飲み込まれるように読んでしまって、2日で読み終わった!!この本を読んで、
沙真の心のキレイさとか、自然に対する強い思いがかなり伝わってきました。うちも環境
のこととか前から少し興味もってたから、沙真の本は本当に楽しかったし、共感をもてま
した!                                     


(男性)沙真さんの「私は一本の木に恋をした」を読み始めてすぐに、宮沢賢治の「風の
又三郎」を初めて読んだ当時の不思議な感覚を思い出しました。50年も前の感覚正確に覚
えていうはずもないので、総体的なものとして、自分の中の対比例として浮かんできたの
だと思います。「風の•••」と「私は•••」とは、ストーリーも文体も、すべて似通った
ところは皆無いのになぜか共通したものを感じたのはともに、わたし的 Strengeness   &
Romanticで成り立っている一遍だろうと解釈してみました。私にとって、または私の世
代の者たちにとっての最初に出会う Strengeness & Romantic が「風の•••」や「銀河鉄
道の夜」だとすると、沙真さんの場合はもちろん色々な作品を読まれていることとは思う
ので、ご本人が意識するしないにかかわらず 特に「宮崎駿ワールド」に入っているよう
な気がしてなりません。